045-901-6660

営業時間:平日・土曜:11:00~21:00  日曜・祝日:11:00~19:00

握力低下!?毎日続けられる筋力アップ法!

こんなことないですか?

• ゴルフでラウンドした後、握力がなくなる。
• 握りこぶしがしっかり握れない。
• ペットボトルの蓋が開けられない。
• 買い物袋を今までのように持っていられない。

 

それは、
握力と腕力の低下が原因です。

 

握力の低下の原因

握力は健康な人でも、
40代半ばから低下する傾向にあります。

また、運動習慣の有無でも、
大きな差があらわれます。

 

握力低下は、
心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まるとも言われています。

なので、
日常生活で困ると感じる前に、
加齢によるものだからと諦めず、
トレーニングをして握力を回復していきましょう。

 

重いものを持つ時、
手先、手のひら、指、手首、肘、肩と連動しています。

手先だけでなく、
腕まで意識してトレーニングをしていきましょう。

 

今すぐできる自宅で3分トレーニング

握力アップを期待できるトレーニングを紹介します。

ポイントは呼吸を止めないことです。

 

「グーパー運動」
両手を肩のまで上げゆっくりグーパーを繰り返す。
※目安は1日20回

 

「 雑巾絞り」
①乾いた雑巾またはタオルの両端を握り、
両腕を肩まで上げて、前へ伸ばす。

②腕の高さ変えず、
雑巾を絞るように時計回りと反時計回りに
ゆっくり3秒かけて絞り、元に戻す。
※目安各10回

 

「壁腕立て伏せ」
①壁の前に立ち、
両手を肩幅より少し広めに広げて壁につける。
肘を伸ばした状態で手のひらが壁につく距離に立ちます。

②顔が壁につくくらいまでゆっくりと曲げ、
ゆっくり肘を伸ばしていく。
背中、腰、足までが一直線になることを意識しましょう。
※目安10回

 

継続することが大切です。

お風呂の前やテレビを観ながらなど、
チャンスがあれば取り入れましょう。

 

握力だけでなく、
全身の筋力トレーニングを取り組みことでより、
健康なカラダを保つことが期待できます。

 

でも、
• トレーニングと聞くだけで続けられる気がしない。
• 正しいやり方がわからない。
• 肘や肩が痛くってトレーニングできない。

 

そんなあなた!

当サロンでは、
NSCA公認のトレーナーと、
完全個室でトレーニング指導を受けることができます。

凝り固まったカラダには、
メンテナンスを組み合わせて、
あなただけのプログラムを提供いたします。

 

いつまでも仲間とゴルフに行き、
帰りのハンドルも楽々と握れるカラダになりませんか?

 

気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせはこちら

 

レエール ~キレイをあなたにも~
お問い合わせはこちら
電話:045-901-6660
平日・土曜日:11時~21時
日曜日・祝日:11時~19時

体を知る『レエールメールマガジン』