045-901-6660

営業時間:平日・土曜:11:00~21:00  日曜・祝日:11:00~19:00

【リバウンドしない身体の作り方】ダイエット成功の秘訣は基礎代謝の向上!

フィットネスがブームなこともあり、
ダイエットの広告や、
ボディメイクエクササイズのジムを見ない日はありません。

 

2か月で体重-10キロ!や、
1か月でウエスト-10cm!など、
実際に素晴らしい結果を出されている方も多いようです。

 

短期間で成果を出すことももちろん大事ですが、
どうせなら、その後もリバウンドすることなく、
「痩せやすく、太りにくい身体」
を維持できるのが理想ですよね。

今回は、
「痩せやすく、太りにくい身体」を作るために、
是非知っておいてほしい代謝についてお話します。

 

今さら聞けない!ダイエットのために高めるべき代謝とは?

私たち人間は毎日食事でとり入れた栄養素を
日々活動していくためのエネルギーに変換(消費)して
生活していますが、その仕組みが代謝です。

1日に消費されるエネルギー量のことだと
ご理解頂くのがよいと思います。

 

代謝、つまり私たちが消費するエネルギーは
・「基礎代謝量」
・「食事誘発性熱産生」
・「身体活動量」
の3に分類されると言われております。

 

「基礎代謝量」は、
安静にしているときでも消費されるエネルギー。

「身体活動量」は、
歩いたり、運動・エクササイズを行う際に消費するエネルギー。

「食事誘発性熱産」は、
食事を摂った際、体内に吸収された栄養素が分解され、
体熱となって消費されるエネルギー。

 

1日の消費エネルギー量に占める割合ですが、
基礎代謝量が60%程度、
身体活動量は20%程度、
食事誘発性熱産生が10%程度と言われております。

ダイエットにおいては、たくさん体を動かして身体活動代謝を上げることが
一番効果的だと思われがちです。

しかし、上記の通り、
意外にもエクササイズではエネルギーは3割程度しか消費されません。

 

エネルギーを消費しやすくする。
(エネルギーを蓄積しない)

つまり、
太りにくく痩せやすい身体を維持するためには、
何よりも、
消費エネルギーの60%程度を占める基礎代謝(量)を
上げることが重要になってきます。

 

さて、基礎代謝が行われる身体の部位ですが、
主に脳や消化器官、
そして、筋肉となります。

脳の活動や筋肉の維持等のために、
摂取したエネルギーを消費しているということです。

 

脳、消化器官、筋肉でそれぞれ、
エネルギーの20%~30%を消費している計算になります。

 

基礎代謝は、成長期の10代がピークとなり、
その後、年齢とともに低下していきます。

同時に、
加齢とともに下半身から筋肉も落ちはじめるため、
基礎代謝の低下とともに、
消費できるエネルギー量は低下していきます。

 

「歳をとって、若い頃と同じような食生活をしていたら、
太りやすくなってしまった」
という人が多いのは上記が原因です。

 

リバウンド回避の秘訣!代謝を高くするには?

高い代謝の維持、また、
筋肉の低下を防ぐことで、
太りにくく痩せやすい身体を手に入れることが可能です。

もうお分かりですね。

 

エネルギー消費の割合の高い筋量を維持すること、
ジョギングやウォーキングのような有酸素運動だけではなく、
無酸素系のエクササイズを生活の中に取り入れることが
リバウンドしない身体作りには必要なのです。

 

〇ワンポイントアドバイス
筋(肉)量は、
下半身に全身の70%程度が集まっているので、
脚を使ったスクワット等のエクササイズがおススメです。

 

下半身エクササイズを行う前に

ここまでで、
下半身の無酸素系エクササイズを定期的に行うことで、
筋量の維持と代謝の向上が可能になる。

そして、
太りにくく痩せやすい身体になっていくということが
おわかり頂けたかと思います。

できる方は早速今日から、
下半身エクササイズにチャレンジしてみてください。

 

【注意点とご提案】
下半身の筋肉にアプローチした運動を行う場合、
どうしても膝や腰を曲げる動作が発生します。

 

もし、膝や腰の曲げ伸ばしをしてみて、
痛みや違和感を感じた場合、
そのままエクササイズを継続して、
膝や腰に負担をかけてしまうと、
痛みが悪化してしまう可能性があります。

そういった場合は、一度エクササイズを中止して
専門機関にて受診をされることを推奨いたします。

 

レエールでは、長年にわたり、
スポーツやエクササイズを行う方の
腰や膝をはじめとした痛みのサポートを行ってきました。

凝り固まった筋肉に対するリラクゼーションケアや、
痛み・不良姿勢の原因となる、
関節への調整というアプローチを行います。

※こちらに当サロンのアプローチ手法を掲載しておりますので
ご興味のご覧ください。

 

もし、あなたが腰痛や膝の痛みで、
身体を動かすエクササイズを諦めていたり、
思い切り取り組めない状態であれば、
当サロンも選択肢のひとつとして頂けると幸いです。

 

「どこに行けば良いのか?」
「誰に相談すればいいのか?」
という膝痛や腰痛といった長年の痛みのケア・改善こそ、
我々が最も得意とする分野です。
※膝痛ケア一例

■□ L’aire ——————————————–

電話:045-901-6660
お問い合わせはこちら
営業時間:平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~19:00
住所:〒225-0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘5-1-52フルヤビル3F

—————-~ キレイをあなたにも ~■□

体を知る『レエールメールマガジン』